去勢・避妊手術について

病気のリスクを回避できる去勢・避妊手術を推奨しています。

犬や猫の去勢・避妊手術については、飼い主様が悩まれることのひとつです。
しかし、メスの場合、初めての発情前に避妊手術を行うことで、乳腺腫瘍の発症率のリスクを高確率で回避できることがわかっています。この他にも生殖器系の病気やホルモン由来の病気を予防することができるため、当院では「病気の予防」として去勢・避妊手術を推奨しています。

去勢・避妊手術は生後6カ月以降から手術を受けることができます。
若いうちが術後の回復も早く、病気の予防効果も高くなります。

手術への流れとしては
一般身体検査および血液検査 → 検査結果に問題がなければ、手術日の予約。

犬の場合、オスは当日退院、メスは翌日の退院です。
猫の場合、オス・メス共に当日退院です。

去勢・避妊手術のメリット

オスの場合
  • どんな手術でも、リスクがゼロではない
  • マーキング、発情期の雌犬に対する反応などが軽減される
  • 発情によるストレスを回避できる
メスの場合
  • 発情出血で家を汚されることがなくなる
  • 乳腺腫瘍、子宮蓄膿症、卵巣・子宮腫瘍などホルモン起因性の病気の発生率が下がる
  • 発情によるストレスを回避できる

去勢・避妊手術のデメリット

  • ペットに入院や手術による痛みにより、ある程度のストレスを強いることになる
  • 手術後に太りやすくなる
  • どんな手術でも、リスクがゼロではない
TEL:078-787-8778